RSS | ATOM | SEARCH
想い出の一枚(デルフトの眺望)

8月も残すところあと一日・・・。blogさぼり気味で今日で4回目の投稿になってしまいました・・・(汗)

 

さて今回は久し振りの美術&絵画ねたです。

初音も帰国し色々と自宅などを整理していたところ想い出の品が出てきました。

大好きなフェルメールの(デルフトの眺望)です。ブリュッセル在住時代にフェルメールが見たくて何度もデンハーグのマウリッツハイス美術館に足を運びました。帰国直前の冬にも最後の見納めとしてデンハーグ&デルフトを旅し、その時に記念として購入したのがこの一枚です。その当時はベルギーに住んでフランス料理の修行をしながらどうゆう訳かオランダにも心惹かれ、よく知人を頼ってオランダに出掛けていました。デンハーグ、デルフトは勿論の事ハーレム、アムステルダム、ザーンセスカンスにキューケンホフ公園などなど・・・ブリュッセルから列車で一時間も乗ればオランダに入りますので何度も出掛けていました。ゴッホを求めてドイツ国境近くのクレーラーミュラー美術館まで足を運んだ事も有ります。絵画以外にも運河がある街並みや風車、田舎の長閑な田園風景も大好きでした。きっと記憶の何処かに子供の頃よくテレビで見ていた(フランダースの犬)の記憶が有ったのかもしれません・・・。デルフトブルーにも魅せられてハーレムの骨董品店でデルフト焼きのタイルも購入しました。そのタイルは現在レストランの厨房に飾って(開店時壁に埋め込みました)あります。そんな想い出の国ですが残念ながら帰国後は一度もオランダに行けていません。

想い出の一枚はコピーではありますが実際に(デルフトの眺望)が飾られているマウリッツハイス美術館で購入した事に価値があると勝手に思い込んでいます・・・!(^^)!

 

空いていた額に入れてみました・・・。レストランかシャンブルドットに飾りたいと思います・・・。

 

あ〜〜〜久し振りにオランダ行きたいな〜〜〜!

author:しげ, category:美術&絵画, 20:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:05
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://muse1999.jugem.jp/trackback/954