RSS | ATOM | SEARCH
アスペルジュ・ア・ラ・フラマンドは想い出の味

今日のランチは県外からのお客様でした。お客様とのお話でベルギーの話題になりました。ご来店頂きましたお客様も20年以上前にベルギーを旅されて、ブリュッセル郊外のレストランでお食事されたそうです。今では名前も忘れて思いだす事は出来ないけどその時召しあがったホワイトアスパラガスの味は今でも忘れられないと仰っていました。ベルギーのアスパラ料理と言えば(アスペルジュ・ア・ラ・フラマンド)ホワイトアスパラガスに茹で卵、パセリ、ナツメグなどを効かせたバターソースで頂くベルギーの春を告げる伝統料理です。そんな話題で盛り上がった後、お客様はどうしても思い出せないレストランの名前はフランスの絵画に出て来るような名前で・・・と、フランスの絵画と言えば「BARBIZON(バルビゾン派)のバルビゾン〜!!」とお答えすると、のどの奥の何か閊えが取れたようにお客様は「それです・・!それ・・!!!」なんと・なんと僕が修業をしていたレストランでした〜!

25年前に僕が修業時代にお世話になり、本日ご来店頂いたお客様が20年以上前にホワイトアスパラガスを楽しんだレストラン・バルビゾンです。レストランに飾ってある写真は大分色褪せてしまいましたが想い出話しで大いに盛り上がりました。

author:しげ, category:雑記・その他, 23:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:15
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://muse1999.jugem.jp/trackback/887