RSS | ATOM | SEARCH
2016親子食育講座

毎年恒例になりました夏休み親子食育講座を昨日開催しました〜。今年のテーマはズバリお醤油!!!毎日当たり前のように使っているお醤油ですが子供たちはもちろん大人の方でも案外知らない事がありました。

 

講師は中野市内で70年以上お醤油造りをされていますマルヰ醤油さんの民野社長です。

 

先ずはスライドを使ってお醤油が出来るまでを子供たちにも分かり易く説明していただきました。その後は代表的なお醤油5種類を実際にテイスティングです〜^^

真っ白な白醤油にビックリしながらも、目を閉じてもハッキリと分かる味の違いを体験しました。子供たちの好みも、(しろ)(たまり)(さいしこみ)など好みも分かれて面白かったです。

そして吟の大将・上松卓(タク)さんに即席胡瓜の醤油漬け&なめたけを作っていただきました。

お醤油は加熱する事で更にうま味を増します・・・。

最後は小布施町のそば店(せきざわ)のご主人関澤賢治さんからそばがきのレクチャーをしていただきました。そばがき用の蕎麦は関澤さんご自身が自ら育てた蕎麦をすり鉢で製粉する作業から始めましたので子供たちにはとても良い経験になったと思います。完成後は5種類のお醤油&先ほど完成したばかりのなめたけで手作りの味を楽しみました・・・。

完成品は少々盛り付けに難あり・・・ですが、味はピカイチでした〜(^^ゞ

お醤油は日本伝統文化が生んだ奇跡の調味料です。どうして奇跡かと言いますと日本独自の気候・風土・四季(春夏秋冬)が無ければ造り出すことが出来なかった味なのです。更に日本の空港を降りると実はお醤油の香りがすると言われるほど日本はお醤油文化なのです・・・。今日はそんなお醤油が益々身近に感じた一日になりました。ご参加頂きました皆さま、そして講師の皆さま本当にありがとうございました。

author:しげ, category:食育&料理教室, 22:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:40
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://muse1999.jugem.jp/trackback/795