RSS | ATOM | SEARCH
Saint-Valentin (セント・バレンタイン)とベルギー・チョコレート

今年もバレンタインの季節になりましたね!
皆さんは如何お過ごしですか?
※・・僕にとってはここ何年も全く無関係のイベントになりつつありますが・・・(-_-;)

フランスには実際にセント・バレンタインと名の付く村が有るそうです
そして贈る物はチョコレートに限定されず、男性・女性関係無くプレゼントを交換する
カップルの日でもあります。
でも日本でバレンタイン・デーと言ったらやっぱり、女性が男性にチョコレートを贈る日
になっていますので今日はチョコレートねたで行きたいと思います!

パトリック・ロジェ (ブリュッセル店)

こちらはベルギー人では無くフランス人ショコラティエ(チョコレート職人)ですが
ブリュッセルにあるお店です。
ここまで来ると職人と言うよりアーティストです。。。!

ショーウィンドーにはショコラのオブジェが・・・、
こちらのシャッポー(帽子)ももちろんショコラ。

手を触れないで下さいと書いて有ったので、売り物なのかは定かでは有りません。

本も出している様です。

・・・チンパンジー?!
そしてなんと・なんと・・・、

自分の顔(・・・たぶん自分)にショコラのペイントまで!!!
・・・どんだけショコラ好き (-_-)zzz ここまで来ると鬼才と言った感じです!

そしてブリュッセルはショコラ天国!
ノイハウス (ギャラリー・サンチュベール店)

数年前からベルギーを代表するコミックの「タンタン」シリーズを販売していますが
プラリーヌ・ショコラを考案したとされる老舗です。

マリー (ギャラリー・サンチュベール店)

ちなみに日本の(Mary's)メリーとは全く関係有りません。

ガレー
ベルギー王室御用達の様ですが比較的お手頃な価格で楽しむ事が出来ます。

コルネ・ポルト・ロワイヤル (ギャラリー・サンチュベール店)

何時もクリスマスの飾りがきれいです

そして忘れてならないのがピエール・マルコリーニ
新参ながら今やベルギー・ショコラ界を代表するまで成長をとげています。
他にもここで紹介出来ないショコラ専門店がベルギーには沢山有ります。
残念ながらショコラの魅惑の香りを画像ではお伝える事は出来ませんが、
少しでもベルギー・ショコラの雰囲気をお楽しみ頂けましたでしょうか・・・!

※クリックしますと各店舗のサイトになります。

author:しげ, category:グルメ, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:35
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://muse1999.jugem.jp/trackback/451